真☆SPIRIT!

長い間放置してましたが、なんとか生きてま〜すっ!


<< ひるがの高原SA (追加画像&再編集あり) | Main | たこめし。 >>
×殿について、世界遺産:飛騨白川郷(岐阜県大野郡白川村)へ行ってきたでござる。
こちらは流石に雪が多いでござるね。

道の駅 白川郷

道の駅白川郷でござる。
×殿の仕事が終わった後、昼食を求めて「萩町 合掌造り集落」へやってきたでござる。

合掌造りとは、字のごとし。
茅葺き屋根が「てのひら」を合わせたような急勾配の屋根を持つ建物の事でござる。
白川郷の合掌造りは、ちょうど本を開いて立てたような格好なので、「切妻合掌造り」と呼ばれているそうでござる。

1995年12月9日に、白川郷・五箇山の合掌造り集落が世界遺産に登録されているでござる。

昼食を終えてしばし散策。
と、言っても合掌造りの古民家の中に入って囲炉裏でゆっくりとはいかないのが残念でござる。
仕方がない、ささっと廻るでござるよ。

やや!前方に合掌造りの民家が見えてきたでござるよ。

やや!前方に見えるは・・・

NHKスペシャル「80年ぶりの大屋根ふき──白川郷『結』復活の記録」(50分)(2001年5月19日放送)で登場した『長瀬家』でござる。
拙者達が訪れた時は、茅葺き屋根の雪下ろしをされてたでござる。

長瀬家でござる。

入り口には、長瀬家についての説明があったでござる。

ここ白川には、「結(ゆい)」と呼ばれるものがあるそうでござる。
「結」とは、白川郷の合掌造りの屋根を葺き替える労働を貸し借りする社会制度だそうでござる。

合掌造りの藁葺き屋根は、定期的(約80年ごと)に張り替えなくてはならず、そのためには総勢400人にも及ぶ人手が必要であるとの事でござる。
うわぁ、大変でござるなぁ。

この共同作業を「結」という村の寄り合いで賄ってきたそうでござるが、近年はなかなか困難だそうでござる。
ふむ、人出も減ってるでござろうし、合掌造りの家自体も減ってるようでござるし、お金もかなりかかるみたいでござるから。

茅葺き屋根を張り替えると、3,000万円〜4,000万円ほどかかるといわれているそうでござる。
むぅ、世界遺産の維持は大変でござるね。

長瀬家の説明でござる。

ホントは中に上がって、囲炉裏でも囲んでゆるりとしたいところでござるが、あまりゆっくりしていられないので表を見ただけでござる。
中は、また今度でござるよ

む、見るでござる。

やや!立派な氷柱(つらら)でござる。

立派な氷柱(つらら)でござる。
あんな氷柱は久方ぶりにお目にかかったでござる。
合掌造りに氷柱、絵になるでござるね。

雪の合掌集落でござる。

合掌集落でござる。

雪のある風合いがとっても絵になるでござるね。
今度は、どぶろく祭りの時期に来ようでござるね。

参考にさせてもらったサイトでござる。
 白川村商工会ホームページ



Ranking参加中 応援してね ⇒ Good Job! (=◇=)b
コメント、トラバもよろしくです。

ハンゾー忍法帳 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | top ▲



Ranking参加中 応援してね ⇒ Good Job! (=◇=)b
コメント、トラバもよろしくです。

- | permalink | - | - | top ▲

コメントありがとです ヾ(^−^)

一度は行きたいとこですね。
雰囲気がもうたまらない。
やはり行くなら冬の方がいいのでしょうか?
旅行も長い事行ってないなぁ・・・。

commented by rockanddance @ 2005/01/26 4:52 PM

世界遺産ですからね。
行ってみたいと思う人は多いかも?

みなさん、けっこー広いと思って見えますが意外と狭いです。
テーマパークではなく、ホントに人が住んで生活してるとこだから、山間の田舎の村って感じですよ。

さて、行く時期ですが。
冬は雪景色と相まって雰囲気いいですが、やはり "どぶろく祭り" の頃、10月くらいがいいかも?

いずれにしても、白川行かれる前は郡上八幡にもお寄りくださいね。

commented by × @ 2005/01/26 11:27 PM

コメントしてね ((φ(..)









この記事のトラックバックURL

http://badbadtz.jugem.cc/trackback/414

トラックバックありがとです o(*^▽^*)o